読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラスと「数」でコミュニケーションしている話

◎今日は、

 カラスと、

 俺の、

 コミュニケーション、

 について、

 お話ししたい、

 と、

 思います。

 

◎じつは、

 俺は、

 カラスと、

 「数」、

 で、

 コミュニケーション、

 を、

 とっている、

 のです。

 

◎カラス、

 とは、

 もちろん、

 自然であり、

 つまり、

 神のつかいであります。

 この、

 自然と、

 神のつかいのことについては、

 まえに、

 このブログで、

 艶さんにも、

 話しましたね。

 

◎すなわち、

 俺は、

 神さまと、

 そういう、

 コミュニケーションを、

 とっている、

 の、

 です。

 

◎俺は、

 カラスが、

 1回鳴くと、

 こういう意味。

 2回鳴くと、

 こういう意味。

 3回鳴くと、

 こういう意味。

 …。

 と、

 いうような、

 いわば、

 「『数』についての定義」、

 を、

 持っています。

 

◎カラス、

 っていうのは、

 他の鳥に比べて、

 鳴き声が、

 なんか、

 ハッキリしている。

 というか、

 なんか、

 わかりやすいですよね。

 

◎俺は、

 自分の体験、

 など、

 から、

 自分で考えて、

 この、

 「『数』についての定義」、

 を、

 作り出しました。

 

◎が、

 しかし、

 あの、

 独特の、

 「ハッキリ」した、

 「わかりやすい」鳴き声の、 

 カラスに、

 先生のようになって、

 教えてもらい、

 カラスに、

 教育してもらったおかげ、

 で、

 この定義を作り出せたこと、

 を、

 忘れてはならない、

 と、

 思っています。

 

◎さて、

 さて、

 そういうわけで、

 この結果、

 俺は、

 自分なりの、

 自分なりに納得できる、

 定義、

 を、

 創できました。

 

◎いわば、

 カラスと、

 コミュニケーション、

 を、

 とるための、

 技術、

 を、

 あみだしました。

 

◎「技術」の基礎になる、

 「『数』についての定義」、

 を、

 一覧で、

 次に、

 記したい、

 と、

 思います。

 

◎これ、

 つまり、

 この定義は、

 神のつかいとして、

 の、

 カラス。

 そして、

 俺。

 この、

 二者の間で、

 互いに、

 了解されているもの、

 です。

 

◎つまり、

 これは、

 神さまと俺、

 この間、

 で、

 了解されているもの、

 です。

 

◎ちょっと、

 くどくなりましたね。

 では、

 では、

 「『数』についての定義」、

 を、

 次に、

 書きますね。

 

 <「数」についての定義>

 

 「数」  定義 

  1   ご自由に。お好きなように。

  2   相棒

  3   正義の味方

  4   宇宙。

           または、「そんな感じでいい」。

  5   言葉

  6   自然

  7   放送局

  8   映画・音楽など、いろいろ。

  9   俺

 

◎いつでも、

 どこでも、

 ウォーキング中でも、

 家にいるときも、

 病院にいるときでも。

 いつでも、

 どこでも、

 これを使って、

 カラスと、

 やりとり、

 できます。

 

◎カラスが、

 2回鳴くと、

 「相棒」だ。

 ああ、

 カラスが、

 相棒、

 と、

 言ってくれている、

 とか、

 ね。

 そんな、

 感じです。

 

◎たとえば、

 こういう時、

 は、

 カラスが、

 相棒、

 と、

 言ってくれた時など、

 は、

 俺は、

 「ありがとうございます」、

 と、

 できるだけ、

 口に出して言います。

 

◎そうやって、

 カラス、

 神さまには、

 いつも、

 感謝しています。

 

◎カラス、

 と、

 「数」、

 で、

 コミュニケーションしている話、

 すこしは、

 艶さんに、

 伝わったかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙からのメッセージ

◎朝、

 6時半ごろ、

 カーテンを開けて、

 電卓、

 を、

 見たら、

 これ(下のもの)、

 が、

 ありました。

 

◎おととい(3月4日)の、

 このブログ、

 (タイトル

 「宇宙からのメッセージ テスト版」)、

 で、

 載せた写真に、

 ある、

 ものと、

 同じ内容(同じ数字)、

 の、

 写真、

 です。

 

◎この内容、

 (この数字の並びというか)、

 は、

 俺が、

 いままで見てきた、

 「宇宙からのメッセージ」、

 の、

 中で、

 一番多い、

 もっとも、

 頻繁に現れる、

 もの、

 で、

 あります。

 

◎俺には、

 この、

 「宇宙からのメッセージ」、

 の

 持つ意味。

 その内容、

 その、

 数字の意味、

 とかは、

 よく、

 わかりません。

 

◎ただ、

 これは、

 神さまが、

 俺に、

 俺がやっていること、

 していること、

 に、

 反応してくれているということ、

 だ、

 というのは、

 確かだろう、

 と、

 俺は、

 考えています。

 

◎この、

 「宇宙からのメッセージ」、

 が、

 現れるのは、

 決まって、

 朝です。

 

◎だから、

 これ、

 「宇宙からのメッセージ」、

 は、

 その、

 前の日とか、

 の、

 俺の行動とか考えに対しての、

 反応なんじゃないかな、

 …。

 などと、

 俺は、

 勝手に思ったり、

 しているのですが…。

 

◎これからも、

 「宇宙からのメッセージ」、

 その都度、

 載せていきますね、

 艶さん!

  

f:id:kenn1rou:20170306064146j:plain

宇宙からのメッセージ テスト版

◎今年の、

 2月19日に、

 あった、

 宇宙からのメッセージ

 の、

 写真を、

 試しに載せてみます。

 

◎写真が、

 どんなふうになるかが、

 見たくて。

 

◎よさそうだったら、

 今後、

 宇宙からのメッセージ

 を、

 随時、

 このブログに、

 載せていきます。

 

f:id:kenn1rou:20170304142013j:plain

俺は、独自の「神さま観」を持っています。

◎今日から、

 3月ですね。

 

◎今日、

   ウォーキングで、

 チョウ、

 を、

 見ました。

 チョウというか、

 蛾、

 かな、

 白い、

 小さいやつです。

 

◎俺の、

 ウォーキングコース、

 は、

 その、

 いわば、

 「入口」が、

 ある海浜公園が、

 始まり、

 なんですけど、

 今日も、

 俺は、

 いつものように、

 この、

 ウォーキング、

 を、

 その、

 「入口」から、

 入って、

 行きました。

 

◎すると、

 その「入口」のところで、

 チョウか、

 蛾か、

 が、

 パッと、

 現れたんです。

 たぶん、

 これは、

 今年、

 初めて見た、

 チョウ、

 です。

 

◎俺は、

 いつものように、

 反射的に、

 チョウ、

 に向かって、

 「ありがとうございます」、

 と、

 口に出して、

 言いました。

 

◎チョウ、

 は、

 神のつかい、

 なのです。

 

◎あれ、

 れ、

 急に、

 「チョウ」が、

 「神のつかい」だ、

 なんて、

 なんか、

 変なこと言う人だなって、

 思われるかも、

 しれませんね。

 

◎俺の、

 「神さま観」、

 について、

 少し、

 お話しますね。

 

◎神さま、

 は、

 います。

 これは、

 もう、

 絶対的に、

 います。

 これは、

 否定しよう、

 が、

 ありません。

 

◎俺は、

 「神さまはいる」、

 と、

 いうことを、

 具体的に、

 体験的に、

 知っているので、

 これは、

 断言できます。

 

◎まず、

 このこと。

 「神さまはいる」、

 ということを、

 この場で、

 強調しておきたい、

 と、

 思います。

 

◎そして、

 自然があります。

 この、

 自然が、

 神のつかいです。

 自然というのは、

 わかりやすいもので言えば、

 鳥とか、

 昆虫とか、

 木とか、

 とにかく全部です。

 今回の例でいえば、

 チョウ、

 が自然です。

 つまり、

 チョウが、

 神のつかいなのです。

 

◎この、

 自然の、

 「下に」というか、

 いわば、

 そういうものとして、

 人間、

 がいます。

 神のつかいは、

 自然であり、

 人間は、

 わかりやすく言えば、

 その自然の、

 「下に」あるのです。

 要は、

 神のつかいは、

 人間ではない、

 自然だ、

 ということです。

 

◎このこと。

 神のつかいは人間ではない、

 自然だ、

 と、

 いうこと。

 これもまた、

 この場で、

 強調しておきたい、

 ことです。

 

◎このように、

 俺は、

 神さまや、

 自然や、

 人間に、

 自分なりの見方を持っています。

 なおかつ、

 俺は、

 その、

 自分の見方に、

 それは、

 事実だ、

 という、

 確信も、

 持っているのです。

 

今後、このブログは「艶さんへの公開メール」というかたちをとってみたいと思います。

◎このブログ、

 ちょっと、

 思いついたのですが、

 「艶さん」、

 への、

 公開メールのかたちをとって、

 書いていこうか、

 と、

 考えています。

 

◎「艶さん」て、

 いうのは、

 俺のメル友です。

 この、

 「艶さん」、

 については、

 まえに、

 このブログでも、

 少し触れましたね。

 

◎さて、

 考えてみると、

 俺は、

 いろいろな場で書いてきた文章の中で、

 「艶さん」へのメールが、

 いちばん「楽に」書けたというか、

 なんていうか、

 書きやすかった、

 気がする、

 のです。

 

◎それで、

 書きやすさを重視する意味で、

 今後、

 俺は、

 このブログを、

 「艶さんへの公開メール」のかたちを、

 とって、

 書いていきたいと思います。

 

◎ブログの中では、

 「艶さん」という名前が、

 頻繁に使われると、

 思いますが、

 これは便宜上です。

 俺としては、

 このブログは、

 不特定多数の人に向けたものであり、

 そのつもりで、

 書いていきたいと、

 思っています。