2015年11月15日

 

◎稲毛公園をウォーキングした。

 

11月4日に書いた、

(「2015年11月4日」= 安達憲一郎のブログ 参照)

「今もっている問題意識のようなもの」について考えるための参考書として、

どんな本がいいか?

 

・図書館で今回借りた9冊のような本も、まあ、参考に、みていくことにする。

 今回借りた9冊の本は、次の通り。

 

 『神話と日本人の心』(河合はやお)

 『日本宗教とは何か』(久保田展弘)

 『隠された神々』(吉野裕子

 『世界の宗教 総解説』(自由国民社

 『世界の宗教101物語』(井上順孝

 『対話 宗教への提言』(田口ランディ他)

 『日本「宗教」総覧』(新人物往来社

 『日本のこころ、日本人のこころ』(山折哲夫)

 『日本とは何かということ』(司馬遼太郎・山折哲夫)

 

アイヌ民族の本とかは、すごくひかれるものもあるので、

 「図書館で今回借りた9冊の本」よりも、より参考に、みていくことにする。 

 例えば、次のような本。

 

 『本多勝一集26 アイヌ民族

 『ハルコロ』(石坂啓

 『アイヌ民族の歴史』(この間借りた本)

 

・あと、どんな本が参考になるか、わからないけど、いろいろみていくことにする。